「インタラクティブ(仮)」

コンセプト・構成・演出
木皮成(DE PAY'S MAN)


2019年の作品発表に向けての新作のアイディアをもとに14日間のリサーチを実施、
その成果をパフォーマンス形式でショーイングを行います。

当日は作品上演の後の、ゲストを招き今後の展開をお話ししたいと考えています。


日時

2018年7月24日(火) 19:00~

                   25日(水) 19:00~


会場

  

山吹ファクトリー

東京都新宿区山吹町341-4 博龍ビル3階

(有楽町線 江戸川橋駅 徒歩7分 /
東西線 神楽坂駅 徒歩10分)

 

https://www.yamabukifactory.tokyo

 



料金

¥1000
(当日受付での精算となります)


予約

depaysman.depaysman@gmail.com
メール件名に[ショーイング予約]とし、
[1名前 2年齢 3電話番号 4メールアドレス 5予約人数]
をご明記の上、
上記アドレスにご連絡ください。

こちらの返信を持って、
予約完了とさせていただきます。


コンセプト
interactive
-
[情報処理・通信などの用語で、双方向の。対話型の。]

あるメディア(exスピーカー)から流れる音楽に合わせて身体を動かすことはダンスを踊る表現方法のポピュラーな方法の一つだと思います。

音楽が構成される複数のインストゥルメンタルのリズムを私たちは耳で捉え、
それを選択し、
リズムを身体がフォローすることで「音楽に合わせて踊る」ということを我々はダンスの一つとしてきました。

これは耳で捉えたリズムを身体がフォローするといった方法ですが、音楽から身体への単方向(One-way)の構造になっていると考えたのです。

少なからず、多くのダンス作品は音楽に合わせて踊る表現方法を選択している限り、単方向(One-way)の構造になると思うのですが、

今回はダンスを踊ることで音楽と身体の双方向(interactive)の関係性を模索したいと考えています。

音楽の単方向性が身体から跳ね返り、また音楽に影響を与える。
 

そんな新たなダンスの概念、双方向 - インタラクティブなダンスを今ショーイングで発見したい。


そのヒントとして
「電子回路図からダンスを創る」
ということをチャレンジすると思います。

木皮成


リサーチメンバー / 振付・出演

伊東祐輔(おしゃれ紳士)
岡本陽介(FUKAIPRODUCE羽衣)
齊藤コン(タバマ企画/O.F.F)

 高橋ルネ(ECHOES)
田口紗亜未
東山拓広
向原徹(すこやかクラブ)
森衣里


トークゲスト

24日(火) 19:00~
白井愛咲(ダンサー・振付家/アグネス吉井)

©︎Kaneko Manaho
©︎Kaneko Manaho

白井愛咲
1987年生まれ。東京在住。
コンテンポラリーダンスの振付家・ダンサー。自身の振付作品を発表するほか、神村恵カンパニー、尾花藍子作品、かえるPなどに出演。ダンスユニット「アグネス吉井」としても活動中。
立教大学映像身体学科卒業。Webデザイナー・コーダー。
https://aisa.site

25日(水) 19:00~
佐々木透(劇作家/リクウズルーム主宰)

佐々木透

劇作家、演出家。リクウズルーム主宰。

大阪府出身。17歳で単身上京、ク・ナウカシアターカンパニーで俳優として活動後、執筆活動に取り組む。

戯曲のみならず、「現代詩手帖」に詩を発表するなど、幅広い文筆活動を展開。ジェームス・ジョイス、ボルヘス、筒井康隆らの文藝作品、古典戯曲のほかにパブロ・ピカソ、唐十郎の戯曲に多大な影響を受ける。「日本の劇」戯曲賞2013最優秀賞受賞、第5回泉鏡花記念金沢戯曲大賞受賞。



イメージ

嵯峨ふみか

協力

松本永(eimatsumoto Co.Ltd.)

企画制作

DE PAY'S MAN